動画配信サービスを画質で比較することについて

動画配信サービスの画質は、最近かなり向上しています。

Youtube創世記は、だいぶしょぼかったですが。もちろんフルHDに対応していたり、4Kなんてのも楽しめることも。DVDの時代が懐かしいですね。

これから動画の画質を求めるなら動画配信サービスです。

 

動画配信サービスはDVDやレンタルより画質が良い?

動画配信サービスはDVDやブルーレイのレンタルよりどこが優れているのでしょうか。レンタルでよくある不便なシーンをあげてみます。今すぐ作品を見たいと思っても、まずレンタルショップに行く必要があります。宅配レンタルの場合は、郵送しないといけません。

人気作品を借りたいと思っても、誰かが先に借りていることが多いです。返却期限とい概念が、そもそもやっかいです。プレイヤーが必要となるため、スマホ等で直接見ることが難しいです。レンタルだとこんなに面倒なことも、動画配信サービスでクリアできます。

画質も、DVDよりはたいていの動画配信サービスの方が良いですね。

 

動画配信サービスの課金方式は画質に影響する?

動画配信サービスには、大きく分けて2種類の課金方法があります。

ひとつは、月額等で一定の金額を払うことで、見放題となる方式。もうひとつは、コンテンツ毎に課金し、視聴するPPV(ペイ・パー・ビュー)方式です。前者の見放題方式では、どれだけ動画を見ても料金が定額です。デメリットは、この方式では新作はあまりないことです。後者のPPV方式のメリットは、新作が見られることです。

しかし、PPV方式では、見放題ではないので、視聴したタイトルの分だけお金がかかります。最新作を視聴したいという場合は、PPV方式があっています。

実際の動画配信サービスでは、定額の見放題のみのパターンか、見放題とPPVを組み合わせた方式が主流です。ビデオオンデマンド(vod)の各方式の良いところ、注意するところを確認しておきましょう。

最新作がおおいこともあり、PPVの方が画質が良いことが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です