動画配信サービスの課金方式について

動画配信サービスによく使われる課金方式は大きく行って2つあります。一つ目は、定額制で全部の動画が見放題となる課金方式です。もうひとつは、コンテンツ毎に課金し、視聴するPPV(ペイ・パー・ビュー)方式です。前者の見放題のメリットは、安価でさまざまな動画が見られることです。この方式のデメリットとしては、最新のタイトルがあまりないことです。

PPV方式のサービスは、最新のタイトルを視聴できることが大きな利点となります。当然ですが、PPV方式では、視聴する作品数に応じてお金がかかります。PPV方式は、新作が見たい方へのおすすめの方式となります。よくある動画配信サービスは、定額で見放題としているか、見放題だけではなくPPVもやっている場合もあります。動画配信サービスを選ぶ場合は、そのサービスがどんな方式か確認する必要がありますね。

 

無料期間でどの課金方式が良いか見極める

動画配信サービスの登録には無料期間がよくあります。

無料期間の期間中には、たくさんのタイトルを閲覧して、いろんな設定をおこなってみることです。

無料期間において実施したことの結果、サービスを今後も続けていくのか、無料期間で退会するのかを決めれば良いですね。

無料期間でどの課金方式が自分にあっているか見極めましょう。

レンタルとの課金方式のちがいは?

動画配信サービスとDVDやブルーレイのレンタルは、課金方式も含めてどこが違うのでしょうか。

レンタルでよくある不便なシーンをあげてみます。わざわざレンタルビデオ店まで出向かないといけない。たとえ宅配レンタルでも、郵送する必要がありますね。借りたい作品が人気だと、貸出中となっていてがっかりすることがあります。返却期限をすぎてしまうと、追加で料金が発生します。スマホやタブレット、ゲーム機などで直接見ることができません。ビデオオンデマンド(vod)を使えば、これらのようなことに悩まされません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です